デジタルサイネージはテレビ、ラジオ、新聞、雑誌、インターネットに次ぐ第6のメディアともよばれ、2015年には市場規模が1兆円にまで成長しました。

デジタルサイネージは私たちの身の回りにたくさんあります。

公共交通機関の広告や駅構内の柱に設置されたディスプレイ、ビルの壁面のスクリーン、街角にある飲食店の電子広告など。

エキサイトニュース情報を選びました。

大規模なものから小さなものまでたくさんあります。

デジタルサイネージは2020年の東京オリンピックに向け、さらに広がると見られています。

それはデジタルサイネージは多言語に対応することができるためです。



日本人は語学が苦手な人が多く、特に英語以外の言語に対しては人材不足が顕著です。デジタルサイネージを利用することで複数の案内に切り替えることができるため、外国人向けのサービスを充実させることに役立ちます。

コンテンツ産業のように思われますが、ハードと抱き合わせて販売することができます。


近年ディスプレイの薄型化、軽量化が進んだため、より手軽に導入することが出来るようになりました。

デジタルサイネージについての意見を伺いました。

また大型のものであってもレンタルできるサービスを展開している会社もあります。
技術の発達によって省電力化も進んでいるため、運営コストはあまりかかりません。


また紙の媒体と違ってユーザーのアクションと連動することができるため、より効果的な宣伝効果が期待できます。
ゲームのような機能を盛り込むこともできるため、工夫次第では印象深いコンテンツにできます。